カテゴリー
未分類

在宅ワークのメリットについて

在宅ワークとなると、パソコンを使った、ネットビジネスなどが思い浮かびますね。まず、在宅ワークのメリットをあげると沢山あります。
専業主婦の方は、わざわざパートに出かけなくても自宅で仕事ができます。そのおかげで、通勤時間が節約できます。

また、煩わしい人間関係に悩まされることはありません。
小さいお子さんがいて、子育てにつきっきりの方も、子供が寝ている間の隙間時間を利用して仕事をすることが可能です。

それらのメリットは、専業主婦に限りません。
学生、フリーター、男性女性問わず社会人にも、同じメリットがあります。
この記事では、パソコンを使った在宅ワーク、その中のネットビジネスについて述べていきます。最初の段階ですが、パソコンがかなり使えなければ、ネットビジネスはできないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
社会人になれば、会社や公務員、その他の組織に属している、もしくはいた方が多いと思います。職場では、事務職ではなくとも、マイクロソフトのワード、エクセルなどを使うことが多いと思います。そして、ネット検索もできると思います。

ネット検索は学生を含め、ほとんどの大人ができますね。
プログラミングなど、スキルをつけるのに時間がかかるものもありますが、ネット検索することで、知識を得、スキルを身につけ、ネットビジネスを始めることが可能です。ワード、エクセルが使えるに越したことはないですが、使えなくても大丈夫です。

また、ユーチューブの投稿の仕方や、ワードプレスといったホームページ作成ツールなどのわかりやすい初心者向けの書籍が販売されています。
それらを読んでも知識が得られます。
グーグルで、「ネットビジネス」と検索すれば、様々なネットビジネスの情報がヒットして出てくるでしょう。それらを調べていくと、アフィリエイト、ブログ、Webライター、プログラミングなどが出てくるかと思います。

それらから気になるものを選んで、該当するサイトから、知識を得て、スキルを身につけるのです。ユーチューブなど、動画サイトにも、「アフィリエイトのやり方」などが出てきます。こうして自宅にいながら無料でスキルが手に入れられるのは、パソコンを使った在宅ワークを行う大きなメリットでしょう。

実際にどうやって稼ぐのかは気になるところですね。
例えば、アフィリエイトだと、自分でブログなどのサイトを立ち上げ、そこに広告をはり、ユーザーがその広告経由で商品を購入すると、お金が入る仕組みになっています。
サイトを立ち上げ方も、ネット検索すれば、沢山出てくると思います。レンタルサーバーの契約の仕方、ドメインの取得方法などがわかりやすく出ています。

アフィリエイトに限った話で言えば、収入が入る仕組み作りが大変ですが、その仕組みが出来上がると継続した収益が可能です。
これは在宅のネットビジネスの大変大きなメリットだといえます。アフィリエイトに限らず、ユーチューブの動画配信など、他にも興味がある分野が出てきたら挑戦して頑張ってみましょう。

カテゴリー
未分類

絵本せどりで高く売るコツ

せっかく売れそうな商品を仕入れても、売り方によっては購入者を獲得しにくくなってしまいます。絵本せどりの場合は、次のような点に気をつけてみてください。

イベントを利用

夏休み、ハロウィン、クリスマス、お正月など、日本にはさまざまなイベントがあります。イベントシーズンは絵本を売りやすい時期です。
夏休みは子供たちが自宅で過ごす時間が増えるため、自宅で遊べるものが必要となります。そのため、絵本の需要が高まることが期待できます。

絵本には季節やイベントを題材にしたものがあり、ハロウィンならハロウィンを題材にした絵本が売れやすくなります。
クリスマスやお正月には、子供たちへのプレゼントとして絵本を選ぶ人がいます。

孫を持つおじいちゃん・おばあちゃん、子供を持つパパ・ママ、小さな妹や弟がいるお兄さん・お姉さんなど、購入対象者はさまざまです。購入してくれる見込みのある対象者が多いということは、それだけ売りやすいということです。

また、クリスマスやお正月を題材とした絵本があり、こういったものの需要が高まります。

クリーニングをする

絵本を出品する前にはクリーニングが必要です。
絵本は主に子供を対象としており、子供は汚れることを気にせずに絵本を読みます。そのため、汚れや臭いがついていることは珍しくありません。汚れがついていると購入者からの評価が下がることがあります。

また、クリーニングをしておけば販売するときのコンディションを上げることができます。コンディションを一つ上げるだけでも、商品の売れやすさが変わります。購入者としては少しでもきれいな商品を購入したいのです。

鉛筆で書かれている落書きを消す、シールをはがす、カバーの黒ずみをとるなど、丁寧にクリーニングをしておきましょう。

ママの利用が多い販路を利用する

子供のために絵本を購入する人は、ママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃん、親戚のおじさん・おばさんなど、さまざま想定できますが、中でも多いのがママです。そのため、売るためにはママが利用しやすい、ママがよく利用する販路を確保することがポイントになります。

よく利用されるのはAmazonとメルカリやYahoo!などのオークションです。
せどり商品の出品先としてAmazonを利用する人は多いのですが、メルカリは見落としている方もいるようです。写真撮影などやや手間はかかりますが、オークションでも販売できるので販路として考えてみるとよいでしょう。